市町村地域生活支援事業

○障害者総合支援法では、市町村が地域の実情に応じて柔軟に実施することによって、障害児・者の自立した日常生活や社会生活を支えるものと期待される事業を地域生活支援事業と位置づけています。市町村の判断によって行うため、事業の取り組み方は市町村にとって異なります。足利市の場合は、以下の事業を行っています。


日常生活用具の給付及び貸与

○障害者等に対して、自立支援用具(ストマ用装具、電気式たん吸引器など)等を給付又は貸与し、日常生活の便宜を図っています。また、給付や貸与の対象となる自立支援用具等は、市町ごとに決められています。

移動支援

○屋外での移動が困難な障害者等について、外出のための支援を行うことにより、地域における自立生活及び社会参加を促進しています。個別支援型(マンツーマンの支援)以外に、グループ支援型(複数の障害者等への同時支援)の移動支援が行われている場合もあります。

日中一時支援

○日中活動の場を提供し、見守り及び社会に適応するための日常的な訓練を行います。また、障がいのある方を日常的に介護している家族の方が一時的に介護できない場合に、日中預かりの支援を行います。

地域活動支援センター

○就労が困難な障がい者を対象とし、創作的活動や生産的活動、地域との交流の場を提供します。また、専門職員(精神保健福祉士等)による相談支援事業も実施します。

訪問入浴

○入浴が困難な在宅の身体障がい者を対象に、身体の清潔の保持及び心身機能の維持等を図るため、入浴を支援します。

福祉ホーム

○身体障がい者、知的障がい者及び精神障がい者のうち、家庭環境や住宅事情等の理由により、居宅において生活することが困難な方に居室の利用を支援します。